「仕事納め」の日や意味とは?「御用納め」との違いはあるのか?

仕事納め日にち 仕事

 

にっしん(@nisi_otabloger)です。

 

仕事納めのシーズンですが、仕事納めは会社によっても違うし、職種によっても大きく異なったりしますね。

 

むしろ、年末年始に仕事のある人にとっては、「仕事納め」なんてない人もいるでしょう。

 

今回はその「仕事納め」とはそもそも何なのか?あと、似た言葉に「御用納め」とありますが、それとの違い、そしてちょっとは気になる周りの仕事納めの日について紹介していきます。

 

仕事納めの意味とは何か?

 

「仕事納め」とは、その年の全ての仕事や業務を終える事であって、要は「最終営業日」「最終稼働日」に業務が終了する事を意味します。

 

当然、日付に決まりはなく、会社で定めたその年の最終日が仕事納めの日であって、これはあらかじめ決まっていますね。

 

仕事納めの翌日から仕事始めの日までが年末年始休暇になります。

 

そもそも「納める」という意味は、「指定の動作をして終わりにする」という意味もあります。

 

「仕事納め」とは「仕事を指定の期間まで行って終わりにする」ととらえることができます。

 

「終わり」対しての言葉が「始める」なので、「仕事始め」って言いますよね。納めて始める、何か納得です(笑)

 

じゃあ「御用納め」って何?

 

似た言葉に「御用納め」という言葉があります。

 

これを見ているあなたは「どっちも同じなんじゃないの?」って思ったかもしれません。ですが、異なる意味を持ちます。

 

結論から言うと、「御用納め」は日付が決まっているんです。それは12月28日です。

 

日本の官公庁などで使われる用語で、12月28日を基本的に御用納めの日にしています。もし土日の場合は26日または27日が御用納めになります。

 

これは、「行政機関の休日に関する法律」によって決められているものです。こんな名前の法律があるんです。知ってました?僕は知りませんでした。

 

この法律で、12月29日~翌年1月3日までは休日として定められています。

 

他にも、裁判所では、「裁判所の休日に関する法律」、国立国会図書館などの国会に置かれる機関でも「国会に置かれる機関の休日に関する法律」というもので、12月28日は御用納めとされています。

 

地方公共団体(主に都道府県や市町村)は、地方自治法第4条により、御用休みの日を条例で定めるものとされているので、地方公共団体は会社と似ている部分があります。

 

仕事始めにあたる「御用始め」は基本的に1月4日という事になりますね。

 

要は団体の違い

 

「御用納め」と「仕事納め」の違いは、対象を何にしているかの違いです。

 

一般的に「会社」と呼ばれる民間企業か、お役所などの「行政機関」と呼ばれる所かの違いです。

 

かなりざっくりと言ってしまうと基本的には一緒ということですね(厳密には異なる事は先ほど上げたとおりです)

 

「仕事納め」の無い職種もある

 

仕事納めと言いますが、そんなものない職種が「サービス業」です。むしろ年末年始が稼ぎ時なので、サービス業は常に稼働しています。

 

僕もコンビニでバイトしていた時は、年末年始に出たりしていました。給与にイロが付くのでおいしいんですよね^^

 

年末年始に仕事があるのはつらいですが、「仕事納め」はその人のシフト次第になりますね。仕事で年越しを過ごす人もいるでしょうし、「仕事納め」なんて幸せな言葉かもしれません。

 

仕事納めの意味と御用納めとの違いなどまとめ

 

仕事納めと御用納めは基本的に変わりませんが、御用納めは一部法律化しているので、その点はちょっと違うポイントですね。

 

「納め」という言葉は「終わり」を意味します。あなたにとっての「納め」はいつかを把握して。今年の仕事ぶりを振り返ってみたり棚卸をしてみると良いかもしれませんね。

 




スポンサーリンク