「北海道」でよく言われるイメージとは何か?

北海道 にっしん

 

にっしん(@nisi_otabloger)です。

 

以前、色々な人と接する機会があったのですが、東京や大阪から北海道に来たばかりの人と話したりする事もありました。

 

その時によく言われることがあったので紹介します。

 

北海道に来た人がよく言う事とは?

 

出張や転勤、結婚などで北海道に訪問または引っ越しした時によく言われることをざっくり書いてみました。

 

もちろん意見の分かれるところですが、僕的によく言われたことです。何かの参考になれば幸いです。

 

よく言われる事① ごはんが旨い

 

だいたい、ご飯が旨いという事が多いですね。

 

「具体的にどんなのが美味しいのか?」と聞くと大抵「全部」と言ってきます(笑)

 

「安くてボリュームが多い、しかも旨い」と言われ、自分のいた所と比較して、本当に北海道に来てよかったと言っているのが印象的でした。

 

地元が北海道なので、その辺は特に何も思わないのですが、だいたいこれは言われるので間違いないのでしょう。

 

あと回転ずしが、回転ずしの味じゃないとも言われますね。

 

「このクオリティでこの値段で良いの!?」とも言われます。

 

「ああ、海鮮丼が人気なのも無理ないな…」とも思いますね。まあ地元の人が食べても海鮮丼は上手いですけどね♪

 

よく言われる事② 人が良い

 

同じ日本人なのに、「優しい」と言われますね。

 

「人が良い」みたいです、北海道の人。

 

そんなことない人もいるよって突っ込みたくなりますが、全体的におおらかで「みんなO型だと思った」と言われたこともあります(笑)

 

でも、何かで信号待ちをするのに待てる時間が一番短いのが北海道だったらしいです。意外にせっかちかもしれませんよ?

 

寒いから、早く行動したい人も多いのかもしれませんね。

 

 

よく言われる事③ 家賃が安い

 

これも言われますね。

 

この値段でこのレベルの部屋に住めるのを知って、驚愕するようです。

 

確かに、ほぼ同じ条件で物件を探したら、東京と北海道だと、倍くらいの金額の差があります。

 

基本的に北海道は家賃10万円払えば、ほとんどの家には住めるんじゃないかと思います。

 

3LDKは確実に住めますね。それも築年数のある家ではなく、10年以内くらいの相当いい家です。

 

こちらからしたら、「逆に家賃高すぎだよ!」て突っ込みたくなるんですが、同じ日本に住んでいるのに住環境が違うって面白いですね。

 

北海道のいい所

 

そしてここからは、他に言える魅力的な部分を上げていきます。

 

いいところ① 梅雨がない

 

年中乾燥しやすいので梅雨がありません。

 

徐々に気温は上がっているので、じめっとしている日はありますが、汗などで服が肌にまとわりつく、あの嫌な感じはありません。

 

夏の暑い日でも、湿度で呼吸が苦しくなるんじゃないかと思うほどですが、北海道はそれがありません。

 

体感温度も違うでしょうから、夏は過ごしやすいですね。

 

逆に冬は極寒で、雪が積もらない所がうらやましくなります。

 

いいところ② 都会と自然の距離が近い

 

これは札幌に限ってかもしれませんが、山と都会部が非常に近いです。

 

なので藻岩山という、「日本新三大夜景」の1つの夜景が見れる山からは札幌中心部から30分くらいでいける距離です。

 

なので、スキー場から近いのも魅力で、ニセコは冬場は外国人だらけで、異国に来たくらいに海外の人でにぎわっています。

 

 

いいところ③ こたつがない

 

「これいいところなの?」ってツッコミがありますが、いいところです、はい(笑)

 

こたつは基本的にありません。基本冬は寒いので、こたつでは間に合いません。

 

なのでストーブやファンヒーターの登場です。

 

部屋全体を温めるので、冬以外の季節のように過ごすことができます。

 

こたつに入った事もありますが、こたつの中に入ったが最後、出れなくなりますよね。

 

もはやカタツムリ状態になる事を、ストーブは防いでくれます。

 

光熱費の問題もありますが、クーラーを入れているのと比べると同じくらいなのではないでしょうか。

 

北海道の夏は、窓を開けるか扇風機でOKです、ほんとに(笑)

 

我が家にもクーラーはありますが、入居後1度も使用していません、本当に使う機会ありません。

 

 

いかがだったでしょう。

 

これから北海道に住まれる予定のある方は参考になれば幸いです。

 

 




スポンサーリンク