高額塾の誘い文句は最もらしいけど、冷静に考えるべきひとつの例

高額塾防止アイキャッチ その他のビジネス
にっしん
にっしん@PokeRoki))です。

 

僕自身、お恥ずかしい話ですが、ネット関係の事が何もわかっていない時は高額塾の誘いにも鵜呑みにしていた時がありました。

 

ただ、本当に「ワンクリックで100万円!」とか完全にいかがわしいものは、どう考えてもおかしいとスルーしていました。そこは大丈夫です(笑)

 

中には、教える内容もちゃんとしていて結果を出すための筋書きもしっかりしている高額塾もあります。

 

僕自身、そういったものに入って、内容を確かめ、実践してちゃんと結果になったものもあります(続ける意味を感じなくなりやめましたが、続けていれば確実に元は取っていました。)。

 

そして今に生きている事もあり、実際、結果的に本職の方で仕事を取った経験もあるので、一概に全否定するつもりはありません。

 

「中には良いものがあるよ」といった感じです。ただ、ほとんどが内容と金額が釣り合っていません。

 

ですが、内容がしっかりしているだけに「これだけの内容ならこの金額は普通ですよ」みたいに言われると信じる人はいます。

 

繰り返しますが、内容と金額が釣り合っていないケースが非常に多いです。本当に無知なのは危険で、色々調べたり考えもしないでいると、相手の思うつぼになります。

 

要は「ちゃんと情報を取得して冷静になれ」と言いたいのですが、僕が以前から登録しているLINE@で、ある高額塾に繋げるであろうと思われる説明会がありました。
(特定されると色々とよろしくないと思うので、実際の画面などは伏せます)

 

今回そこで書かれていた事から、高額塾が掲げている店のおかしなところ、実際に高額塾に誘っている人はどんな人か、僕の知る範囲で紹介します。

 

あくまで僕の知る範囲なので、「全体がこうだ」というつもりはありません。一つの例として、冷静になって考えるキッカケのひとつになればと思って紹介します。

 

スポンサーリンク



「実績ゼロでも稼げる方法を教えます」と言われたら?

事細かな説明は省きますが、そこで言っていたのは

実績ゼロでも商品を作って稼げる方法を教えます。

といったものでした。

 

これを聞いてどうでしょうか。恐らくほとんどの方が「信じられない」と思ってスルーでしょう。

 

でもこれを以下のようにしたらどうでしょう。

  • 動画などを駆使して、事細かく説明
  • 個人に対して説明会を開き、直で話している
  • 顔出しして信頼を得ようとしている

 

ここまでされると、心が動く人もいます。

 

実際に個人で説明会を開くのは、そこで高額塾の話をして、そこで契約を取り付けるといった狙いもあるでしょう(断りにくいし、気持ちが高ぶっているのが狙いかと)

 

こういった方法を直接、高額塾をやっている人から聞いた事があるので、大きく間違ってはいないと思います。

 

そしてキモなのは「実績ゼロでも取り組める」といったところ。今回はこの点から高額塾について考えてみます。

 

副業には興味があるけど、本業以外のビジネスは何もやった事のない状態で、これを聞いてイチから教えますと言われたら心が動く人はいるはず。

 

だって、なにも知らない状態なのにもかかわらず、商品の作り方から売り方まで教えると言われる。かつ副業に興味もあれば心が動くでしょう。

 

仮にこの高額塾が50万円でも、50万円の商品を売る方法、売り上げを上げる方法を教えてもらえれば元が取れるし、実際にそう言われたら、先に払うだけって思う人もいると思います。

 

もちろん、僕はその今回の記事の話題のキッカケになった内容は知りません。直接、入塾して知ろうとも思いません。

 

ただ、言える事は「実績がなくても」って部分がややこしいということです。今回はここにフォーカスを当てて高額塾に関して解説します。

 

スポンサーリンク



実績がなくても、実績になるものが必要。なければ勝負にならない

勝負にならない

「実績がなくても」という言葉は「何もできなくても」ということではありません。

 

言葉を補うなら

「知識や経験、能力があるけど、マネタイズできていない。そんな」実績がなくても』

ということです。

 

人に教えられるだけ、人から頼られるだけの知識や経験、能力がある事が前提です。

 

もし、「なくても大丈夫」という場合は、もしかしたらそれを教えている人が販売方法を教えて、テンプレートみたいなものを渡す事でそれっぽくさせようとしているかもしれません。

 

ネット上なので、偽ろうと思えばいくらでも可能です。偽れば実績がなくても稼げる可能性は十分にあるでしょう。

 

でもそんな人に教えてほしいと思うでしょうか?ほぼ100%の人がNoと答えるはずです。

 

これはリアルの仕事で言えば、新入社員が役職もちの上司のふりをして新入社員を指導しているようなものです。

 

カンニングペーパーを渡して

「そのまま書かれているセリフを言うだけで大丈夫だから」

って言われたらどうでしょうか。

 

演じきれれば良いですが、本当の事を知ったら「この会社大丈夫かよ?」って思うはずです。

 

でも、そんなおかしな事がネット上では行われているケースもあります。

 

もちろん、推測の域を出ないので決めつけは出来ませんが、可能性としては十分あるのではと少なくとも僕は思います。

 

知識や経験など、人からお願いされたり頼られたりする、売り込みができるくらいのスキルがあるかという事、すなわち能力的な面での実績が大前提です。

 

これがなければ実績を作らなければいけません(何かできるようにならなければいけません)が、この実績を作るのは非常に大変です。普通の仕事と変わりません。

 

僕もリアルの仕事で、副業としてやっていた事がキッカケで全く畑違いの別の部署の仕事も任されるようになりましたが、そうなるまでに2年近い時間を費やしています。

 

2年という時間を使って結果も出したからこそプレゼンできるし、堂々と説明できる。もしそうでなければ、自信の無さで一発で見抜かれます。

 

もし高額塾の勧誘で「実績作りも手伝います」と言われても、それをそのまま受け取って入っては損をします。その理由は後述します。

 

そのまま受け取らずに、別の所でもっと詳しい人や実績のある人のコミュニティーやオンラインサロンなどに入って教えてもらった方が確実だし費用は安く済みます。

 

あ、ちなみに最後の方で僕が何かを誘ったりする事は100%ないのでご安心を(笑)人に教える事の大変さはよく分かっているので、そんな事するつもりはありません。

 

それにその人の人生の責任をも取らないといけないし、軽い気持ちで出来ません。

 

次は先ほどの「実績作りも手伝います」と言われても、それをそのまま受け取って入ってはいけない理由を紹介します。

 

これも一概に決めつけは出来ませんが、僕の色々見てきた経験上、言える事もあるので参考までにご覧ください。

 

スポンサーリンク



高額塾がおすすめできない理由① 費用面

高額塾は費用面は様々ですが、安いものだと10万円、高いと100万円とピンキリです。

 

定義はないでしょうが、「高額塾」と呼ばれるものはだいたい30万円以上を指しています。

 

なので10万円は安い方ですが、一般的に言えば高いですよね。

 

オンラインサロンが最近の流行りですが、基本的に1ヶ月の費用は万もいきません。

 

金額はピンキリですが、安いものだと2000円くらい、高いと感じるものでも5000円くらいです。

安いから大したことがないわけではない

オンラインサロンが月々そのくらいのお金なら、大して教えてもらえない、得られるものが少ないと思うかもしれませんがそうでもないです。

 

もちろん、自分が何かしらの作業や勉強が必要なのは言うまでもないですが、月々この金額でこんなにコンテンツが充実して良いのかって思うようなサロンもあります。

 

僕も多くのサロンに入って研究してるわけではないので一概に言えませんが、少なくとも僕が入ったものは情報の質が高いものばかりでした。

 

でもなぜそんなに安くするのか、安くして良いのかって思うでしょう。その理由は単純です。

主催者はサロンでの収益をあてにしてない

主催をしている人はそのサロンでの収益をあまりあてにしていないケースが多いように思います。

 

もちろんそういった人もいるでしょうが、良いコンテンツを提供している人ほど、そのサロンでの収益とは別に収益があるケースが多いです。

 

要はそのサロンで少しでも上手くいく人や人生を豊かにしている人を輩出していきたいという欲の方が強いのだと思います。

 

強いて何か得ることが目的だとしても、それは自身のブランディングかもしれません。

 

多くの結果を出した人を輩出する事で、その主催者の株が上がり、結果自身のブランディングにつながるからです。

 

この点を考えても、高額塾の主催者は続ければ続けるほど自身の株を落としているかもしれません。

 

 

収入面で考えても、僕が入っているサロンオーナーはいくつかの収入があるので、サロン収入は大きな収入源として見てなさそうです。

 

ここから考えるに、その主催者の収入源を確認できる範囲で調べることは大切だと思います。

 

例えば実際、あなたがサロンを開くことになった場合、

  • サロンの収益をあてにする場合
  • サロンの収益をあてにしない場合

ではそれぞれ、月の金額をいくらにするでしょうか。

 

収益を当てにするなら、適正価格が月3000円でも、5000円くらいにして人数無制限にするなどするのではないでしょうか。

 

もし当てにしてないなら、月2000円で50人限定などにするかもしれません。

 

満足いく収入がある状態でサロンを開くなら、いたずらに労力を増やしたくないって思うのではないでしょうか。

 

もちろん、収益を得る目的でやっている人もいるでしょうが、費用面で言えば高額塾の比ではありません。

 

そして、価格に関して、適正価格を正確に出すのは無理があるでしょうが、収益を当てにするかどうかでやり方が変わってくるというのは感じてもらえたかと思います。

 

だからこそ、高額塾を開く人の心理は…?と考えたらちょっとは真意が見抜けるかもしれません。

 

もっとイジワルな事を言うと、サロンの方が精神的負担は少ないし、実践者にも優しいのに高額塾にする根拠は何?と聞きたいです。

 

少なくとも僕は高額塾にする必要はないという考え方です。

 

でも高額塾にするのはなぜか?それは次の項目で紹介します。僕が高額塾主催者を直接見たり話したりした所感を含めて紹介します。

 

高額塾の講師はその生徒からの収益が大きな収入源のケースがあります。

 

スポンサーリンク



高額塾がおすすめできない理由② 教育者の問題

理由の2つ目は教える人の問題です。

 

僕が当時教えてもらっていたのは、ブログの記事の書き方。今ではさらっとかけるくらいにまでなりましたが当時はとても苦労する事が多かったです。

 

そして添削をしてもらうにも、最初は返答は早かったものの、どんどん遅くなり最終的に返信は3~4日後、そしてとくに添削もなく「良いと思います!」の一言だけ。

 

返信の感覚は人それぞれかもしれませんが、メールを送って3~4日後の返信は遅いと思うのが普通です。

 

これが無料でやってもらっているなら文句は言えませんが、高額の費用を払ってこれならクレームを言いたくなるレベルではないでしょうか。

 

Skypeを使ってのリアル添削でも数秒見て「問題ありません」の一言だけ。

 

今では僕は人の記事を添削したりすることもたまにありますが、普通に添削すれば、細かい所まで指摘すると1時間くらいはかかるケースもあります。数秒で終わるわけがありません。

 

ブログをやった事がない人はピンとこないと思いますが、そういうものだと思ってもらえたらと思います。

 

まとめると高額の費用を払っても

  • 返信は3~4日後
  • テキトー返信
  • テキトー添削

です。

 

実際に高額塾に申し込んでも、実践する人は全体の1~2割程度と高額塾を主宰している人から聞きました。

 

残りの8~9割は何もしないということです。まあ実際やっても途中で投げ出す人が多いんですけどね。

 

それが狙いの部分もあるようで、そうすればサポートの必要性もないので、悪い言い方、楽に稼ぐことができます。

 

よく高額塾で「あなたを成功へと引き上げます!」みたいな事を言う人もいますが、あの言葉のほとんどは口だけで本心ではないというのも見当がつきそうだと思うのではないでしょうか。

「実績作りを手伝います」が信用できないワケ

なので、先ほどの「実績作りを手伝います」という文句もあてになりません。仮に手伝ってもらっても「実績があるように見せる」事を教えられるのが関の山でしょう。

 

そこで売り上げができて、「これがあなたの実績です」と言ってしまえば、実績作りを手伝ったことになり、言ったことが成立します。

 

本当の実績というのは、一つ一つ積み重ねて結果となり、それが本人の自信にもなっていくものでしょうが、高額塾の講師はそんなこと考えません。

 

手っ取り早く実績を作る方法を教えるのがほとんどでしょう(もちろん、本当に結果を出してもらおうという考えの人もいるでしょうから一概には言えませんけどね)

 

この辺りに関連して、ちょうどわかりやすく説明してくださっている動画を見つけたのでご覧ください。

高額塾がおすすめできない理由③ 感覚がおかしくなる

高額塾は字のごとく費用の掛かるものですが、感覚的に数万円稼ぐのが簡単だと錯覚するようになります。

 

副業でコンビニでバイトするような労働収入以外で数万円稼ぐのは容易ではありません。

 

ですが、高額塾に入ってしまうとその数万円が簡単に稼げると勘違いするようになります。

 

実際に、違うブログをやっていた時に相談されたことがありますが(基本的にはほぼないですが)その人は50万円以上を高額塾に使ってしまった方でした。

 

結果全く中身の伴っていない内容で、その50万円は捨てたような感じになってしまったそうです。

 

そして、その相談メールの内容には「5万円で良いから稼がせてください」とありました。

 

副業で5万円稼ぐのも決して簡単ではないのに、高額塾の「月100万円稼がせる」といったうたい文句に、高額の支払いで感覚がおかしくなっていたのでしょう。

 

その方にはそれが難しい旨を伝えて、イチからコツコツ学んでいかないと5万円は難しいなど厳しい事を言いましたが、高額の支払いは人の感覚をおかしくするのだなと感じた瞬間でした。

 

そして、何かを学ぶときに支払う費用の感覚もおかしくなるので、気付いたら借金を重ねていたなんて事にもなりかねません。

 

この辺はネットワークビジネスにも似ていますね(汗)

費用アイキャッチ

【驚きの金額!】ネットワークビジネスの費用は毎月どのくらいかかるか教えます!

 

何かを学ぶために投資は惜しまないという考え方を学ぶ良い機会かもしれませんが、それを高額塾で学ぶ必要はありません。

 

そこまでして出費をして何かを学ぶ経験をしたいなら、オンラインサロンで十分学べるはずです。

 

にっしん
オンラインサロンを推していますが、特に深い意味はありません、ホントに(笑)

 

スポンサーリンク



まとめ

色々考えていると、今も昔もビジネスのスタンスは変わっていないのかなと思います。

 

先ほど紹介したマスザワ内閣(まっすう)さんの動画の中でも言われていましたが、実績(お金など)がなくてもあるように見せるというのはネットワークビジネスでも「ある程度のハッタリはしないといけない」と僕は言われていました。

 

パフォーマンスとして時には必要な事ですし、自分の望む結果を手に入れるために決して全否定するつもりはないですが、悪用すれば人を欺く事にも使用できるという点は把握しておくべきだと思います。

 

今回は「実績作り」という点にフォーカスを当てて色々紹介しましたが、一つでも参考になる部分があれば幸いです。




スポンサーリンク