メガネの曇り止め、代用するなら何?代用以外の解決方法も紹介!

メガネ曇りアイキャッチ 生活

 

にっしん(@nisi_otabloger)です。

 

寒い季節になると気温の寒暖差がありますね。あったかい所に入るとホッとしますよね。

 

ですが、寒い屋外から温かい屋内に入ると厄介な事があります。

 

普通逆で、「暖かくていい!」と思うでしょう。ですが、ある条件では厄介なんです。

 

それは「眼鏡をかけている」ということです。

 

にっしん
入った瞬間、目の前に膜がかかったようになって目の前が見えにくくなる…。

 

そして、マスクをつけていると寒い中では眼鏡が曇るんですよね。マスクから息が漏れて曇る。

 

メガネ人には本当に辛い状態です。

 

 

それに僕は医療の仕事をしているので、マスクはよくするんですよね。なので普通に着用している人よりかは悩まされやすいです。

 

まあ基本室内なので、結露するという場面はあまりないんですけどね。

 

そんな場合、曇り止めさえ買えば一発で解決ですが、曇り止めを買ったことのある人って少ないと思うんですよね。

 

 

 

あとは、料理をしたり、ラーメンを食べたりするときにメガネが曇りますね。ラーメンの時は本当に曇りますし、わざわざ外す人もいますよね(笑)

 

そこで今回はそんなメガネの悩みを解決するべく、眼鏡の曇り止めの代わりに何か身近なもので解決できないか考えてみました。

 

スポンサーリンク



メガネの曇りの悩みはこれで解決!!

メガネの曇りを解決する方法をさっそく紹介していきます。

 

曇り止めの代わりに何を代用したらいいのか、曇り自体を防ぐ方法も紹介します。

 

中には、その場限りな方法などもありますが、余すことなく紹介しますので、一度ご覧になって今後の快適なメガネライフをお過ごしください!

 

まず、家のもので眼鏡を曇らないようにする方法を紹介します。

 

結論から言うと、曇り止めには敵いませんが、最初にも書いたようにわざわざ買う人も少ないと思います。

 

なので、いくつか簡単にできる方法を紹介します。

曇り止め代用法① 中性洗剤

曇りの原因の基本は油膜です。要は「油汚れ」です。油汚れを落とすものの代表格は中性洗剤ではないでしょうか。

 

方法は簡単。レンズを洗うだけです。

 

あまり付けすぎると、洗剤を落とすのが大変なので、洗剤を入れた水にメガネを浸す感じにするといいでしょう。

 

量に関しては、使っている洗剤で異なるでしょうから、調節しながらですね。

 

この方法、メガネをかけてる人ならあるあるですが、鼻を支える部分ってすごい汚れやすいですよね。

 

それを綺麗にする意味でもいいですし、一石二鳥です!

 

ただ、レンズを洗うのに指でごしごしすると、レンズのコーティングが剥がれる可能性も十分ありますので、優しく扱いましょう。

曇り止め代用法② 歯磨き粉で洗う

脂っこいものを食べて、口の中が気持ち悪ければ歯磨きしますよね。であるなら歯磨き粉でもいいはずです。

 

歯磨き粉も、油汚れなどの口の中の汚れを取ってくれるので中性洗剤と同じ効果を期待できます。

 

直接垂らして使用する方法もありますが、研磨剤の入っているタイプならレンズのコーティングやその周りの部品を傷つけてしまう点ではちょっと躊躇しますよね。

 

であるなら、洗剤と同じで泡立てて洗う。これなら傷は付きにくいはずです。

曇り止め代用法③ 油膜除去剤を使用する

油膜除去剤は車のガラスなどに使用するものですが、もしお家にあるなら使ってみるのも手でしょう。

 

ただ、難点は最終的には洗い流す必要があるので、結局は①の中性洗剤という答えになってしまうんですよね。

曇り止め代用法④ だ液

いやでなければこれが最高の方法です。完全にプライスレス!(笑)

 

だ液には「リパーゼ」という油分を分解してくれる成分が含まれているので、そのリパーゼが油膜を除去します。

 

有効な方法ですが、生理的にちょっといやですよね。歯を磨いた後ならまだ良いですが、それ以外には・・^^;

 

ただ、すぐにできる点では最高の方法なので、どうしても曇りを止めたい時の裏技として、頭の片隅に入れておくと良いでしょう。

曇り止め代用法⑤ (マスクの場合)マスクの形状を変える

マスクをしていた場合の対処方法です。ここでは油脂ではなく、問題は「結露」です。息とレンズの温度の違いによって発生します。

 

マスク上部から息が漏れて、それがレンズを曇らせます。

 

基本的に今のマスクは鼻の形を変形できるようにワイヤーが入っていますね。

 

非常に便利なのですが、これだと息が漏れてそれがメガネを曇らせます。

 

にっしん
形状があっていない場合もあり、それがさらにメガネを曇らせる原因になるんですよね

 

 

そこで、メガネを曇らせずに済む具体的な方法は以下。

  • マスク上部の部分を二重にする
  • 鼻の中心部を折って谷の状態にする
  • マスクの上部にティッシュを詰める

 

マスクの上部を二重にするのは、マスクの鼻の部分(上部)を外側に少し折るということです。

 

二重にすることで、息が漏れる事が少なくなり曇りにくくなり、実際にやっている動画もあります。

 

次に2つめの鼻の中心部を折って谷にする方法ですが、これは中心を谷にして、その両横を山にするという事です。

 

こうする事で、漏れた息が分散されてメガネが曇りにくくなります。

 

 

最後の3つ目のティッシュを詰める方法は、単にティッシュを詰めるだけです(笑)

 

完全に息が漏れるところをガードするという事ですね。

 

ただ、花粉症や感染症の観点から言うと良いんですが、

  • ずれる場合がある
  • 寒い中だと、息との温度変化で湿ってくる

といったデメリットがあります。

 

ですので、ティッシュの方法は環境を選ぶと言う点では使用しにくい事があるでしょう。

 

中には「両面テープを張る」という方法もあります。鼻側も貼るようにすれば密着して息が漏れない、ということですね。

 

ただ、皮膚の弱い方はかぶれてしまう可能性があるので、中には実践できない方もいるでしょう。

 

これも動画がありましたので、やってみようという方は見てみると良いでしょう。

 

スポンサーリンク



もっと簡単に済ませたいなら…

これは少し本末転倒ですが、お金でクリアにする方法もあります。

 

方法は

①曇り止めを買う

②マスクをメガネの人用マスクにする

といったことです。

 

両方ともお金がかかりますが、個人的には①ですね。②の方法はマスク自体が使い捨てでかつ高いのでコストがかかりすぎます。

 

それに、マスクをする事が前提になるので、マスクをしないなら意味ありませんからね^^;

 

ラーメン食べる時はマスクを当然外しますし、女性なら化粧がとれてしまう可能性もありますよね。

 

そのため、①ならどんな状況にも適応できます。

 

僕を含め、そういったものにお金は使いたくないでしょうから最終手段かもしれませんけどね。

 

そして、なぜメガネが曇るのか知っておく事で、より曇りを止める手立てになるのではないでしょうか。

 

豆知識 普段からのメンテナンスを

メガネを付け慣れていると、メガネをこまめに拭いたりすることは少なくなると思います。

 

拭いてもティッシュとかでてきとうに拭いたりしていませんか?ちなみに僕はよくやってしまいます(笑)

 

ですが、そうでなく、

  • メガネ専用のクロスで拭く
  • たまにメガネ屋さんで洗浄、メンテナンスする

これだけでも、曇りにくい環境ができます。

 

レンズには、加工やコーティングが施されている事も多いので、それを保護して、レンズを長持ちさせる意味でも効果的です。

 

余りやっていない人はぜひやってみることをおすすめします。

メガネが曇る原因は大きく2つあります

先ほどの対策法でも上げましたが、メガネの曇る原因は

  • 油分
  • 結露

この2つです。

 

これがクリアになればメガネは曇りにくいという事になります。

メガネが曇る原因① 油分

単純にメガネが曇るのは「油分が付着しているから」です。でも、なんで油分が付着すると曇るのか?

 

これは難しい話なんですが「乱反射」です。光が乱反射を起こして、曇ったように見せるからです。

 

そして、「なぜ油分が付着するのか?」というのも疑問ですね。レンズに触れてないのに何で?って思うでしょう。

 

それはもちろん色々要因はあるでしょうが、以下のようなことが考えられます。

  • 人の体から蒸発する汗によって、それが油分になる
  • 料理などをする事で油が付着する
  • メガネの付け外しによって、レンズに触れるため(手の油分の付着)

 

にっしん
レンズに触れなくても、油脂は付くんです。

 

なので、油脂を落とす中性洗剤は、曇りにくくする上で理にかなっているという事になります。

メガネが曇る原因② 結露

これは単純に温度変化や、蒸気など暑いものに触れている時ですね。

 

ラーメンを食べている時や、寒い所から温かい所に行ったとき、そんなときは結露としてメガネが曇ります。

 

特に寒い地域だと、どんなに頑張っても防ぎようのない部分がありますね。

 

 

これら2つの要因で曇るということです。ですが、考えてみたら原因はこのたった2つです。単純と言えば単純ですよね。

 

スポンサーリンク



まとめ、結局は…

メガネの曇り止めの代用方法などを色々上げました。

曇り止め代用法① 中性洗剤

曇り止め代用法② 歯磨き粉で洗う

曇り止め代用法③ 油膜除去剤を使用する

曇り止め代用法④ だ液

曇り止め代用法⑤ (マスクの場合)マスクの形状を変える

他にもシェービングフォームを使う方法もあります。

 

ただ、僕個人の意見としては、レンズのコーティングなどを痛めてしまったり、器具の錆の現認になったりするリスクを考えたらどうでしょうか。

 

安いものならなんてことないですが、レンズ自体も結構高いです。

 

例えば、僕の場合、乱視で、視力が悪いので薄型加工をしていますが、それだけで追加料金が発生します。

 

安い買い物ではないので、変に代用して痛めては何にもなりません。どうしても、曇りを防ぎたいなら僕は専用の曇り止めをおすすめします。

 

こんなこと言うと元も子もなく、この記事の目的がぶれますが、やはりレンズの金額と天秤をかけたら代用には疑問があります。

 

金額も1000円もしないので、曇りに耐えられないなら、お金で解決した方が精神的にもレンズにやさしいのでは、というのが僕の結論です。

created by Rinker
¥1,760 (2020/04/07 08:59:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

記事内で載せた内容は、 どうしてもその場で何とかしたいなど、応急処置的な方法として把握して、その場限りでやるという考えが最もいい方法だと思います。

 

何かの参考になれば幸いです。

 

 

あわせてチェック

眼鏡綺麗アイキャッチ

メガネを綺麗にする方法と注意点。それだとメガネをダメにしますよ

2019年2月8日
フレームアイキャッチ

メガネのフレーム汚れは綺麗に出来るか?その方法と予防策教えます

2019年2月8日
メガネコレアイキャッチ

メガネは何個持ってる?意外な用途と個数の差は認識の違いの差です

2019年2月8日

 

 




スポンサーリンク